2019年2月18日 (月)

南八甲田・赤倉岳敗退

2/17(日)南八甲田・赤倉岳に登る予定で蔦温泉に向かった。7時20分頃到着したが入口
にチェーンが張っていて入れない。仕方なく仙人橋からに変更し蔦トンネルまで進んだが
どうしても蔦温泉から入りたく引き返した。温泉入口横に邪魔にならないように準備してい
たら、蔦温泉の関係者が来て、ここは入口だから停めないようにと言われた。8時30分頃
開けるというが時間がなくなる。また仙人橋に進路変更するがだいぶ時間ロスしてしまっ
た。赤沼へは前日のトレースが残っていたがルートが今一だったので途中から新たにラッ
セルする。赤沼に着くが強風が吹き荒れ目指す赤倉岳も雲に覆われていたので雛岳に転
進することで引き返した。しかし引き返してしばらくしたら雲も取れ青空が見えて来た。赤倉
岳に登りたい気持ちが強かったのでまた赤沼に引き返す。そして赤沼を横断しP1089mの
鞍部まで登ったがやはり赤倉岳は雲の流れが早く、またタイムロスで時間も無くなったの
で登頂を断念。P1089mに登り快適な尾根上のツリーランを楽しみ仙人橋にゴールした。
Img_4075
仙人橋からは赤沼沢沿いに進みます。

Dsc0864501
途中ブナの大木と遭遇します

Dsc08651
引き返した後の赤沼からの赤倉岳

Dsc08652
家内が先を切って赤沼を横断中です

Img_4083
後続を進む吾輩です

Dsc08655
P1089m鞍部付近を望みます

Dsc08666
鞍部付近は大雪庇群となっています

Dsc08670
赤倉岳山頂付近は雪煙が上がっています

Img_4100
大雪庇を避けて尾根に上がります。右手のピークがP1089mです

Img_4103
鞍部からP1089mを巻きながら登るが強風の通り道となっています

Dsc08671
P1089mから尾根上のツリーラン

Dsc08674
雪質がよく快適でした。山頂には登れなかったが滑りを楽しめた1日となった。
今度の週末は山水会の1泊山行で八幡平の茶臼岳周辺を滑る予定です。

2019年2月15日 (金)

久し振りの更新で折爪岳!!

1月末にインフルに感染し、ずっと体調不良が続いていました。1/10(日)にようやく動ける
ことが出来、山スキーで折爪岳の下見に登りました。そして昨日十和田山岳会の皆さんと
本番の折爪岳登山です。現地は青空も見え風も無い絶好の登山日和です。登山口のコロ
ボックルランド入口手前1km位は除雪されてなく四輪駆動車で何とか入ることが出来た。
1/11にスノーシューで登ったトレースが微かに残っている。今回は皆さんに合わせてス
ノーシューですが、山スキーと比べると疲労度が格段に違います。750mの尾根上に出て
からは風も出てきて、低温で頬がビリビリして来ます。テレビ塔に囲まれた山頂は味気ない
が早々に下山、樹林帯の中で簡易テントを張り昼食を食べ吹雪模様のゴール地点に無事
到着した。お疲れさまでした。
Dsc08555
コロボックルランド入口からスタートです

Dsc08557
林道から登山道分岐の急坂です。スノーシューだと苦労します

Dsc08559
あとはつづら折れの明るく広い登山道を進みます

Dsc08560
750mの尾根分岐です

Dsc08561
山頂目指し緩い道を進みます

Dsc08566
テレビ塔に囲まれた山頂です

Dsc08568
吹雪模様となったゴール地点です。皆さんまだ元気一杯でした!!
来月は八幡平市の御月山です。

2019年1月31日 (木)

晴天の雛岳

昨日1/30南部地方は晴れの予報。これは八甲田に行くしかないということで雛岳に向か
う。八戸出発時点では八甲田方面は雲に覆われていたが、谷地温泉近くまでに来たら雛
岳の山頂が見えています。箒場駐車帯は車が2台、準備して出発しようとした時に仲間のT
さんが来たので私が先行する。ボードの方はスノーシューで先行していたが、こちらは小
山を左側から入る山水会ルートにトレースを付ける。しばらくしてTさんが追い付いて来た
ので交代でラッセルを続ける。950mから上は堅雪となりシールが利きづらくなるが何とか
登り切り山頂へ。風は無いが背後の高田大岳や赤倉岳は雲の中。山頂下で昼食を食べ
山頂から見て右側斜面へ。上部の堅雪を滑り高度を下げるにつれ程よいパウダー。気持
ちの良い林間を滑り、700m付近で登りのトレースと合流し無事帰還した。こんなに天気が
よい雛岳にボード1人と我々2人だけでした。
Dsc08458
朝方の雛岳全容

Dsc08459
800m付近、足首程度のラッセルです

Dsc08465
1000m付近は堅雪でシールがあまり効きません

Dsc08469
強風の影響でシュカブラが出来てます

Dsc08470
すでに黒森は眼下に見下ろす高さまで登りました

Dsc08471
ダケカンバに霧氷が付く低温です

Dsc08473
馬面岩まで来るとあと一息です

Dsc08479
バックの高田大岳は上部が雲に覆われていて雛岳だけが晴れています

2019年1月28日 (月)

晴天の高森山と屋敷山

昨日1/27(日)山水会の山行で浅虫の裏山・高森山と屋敷山に登って来ました。メンバー
14人でワイワイガヤガヤ賑やかな女子会雰囲気です。天気も良く風もない絶好の登山日
和です。気持ちの良い尾根筋を登り、むつ湾を望む山頂へ。簡易テント・ポートラックを設
営し楽しいランチタイム、久し振りのOGメンバーも来たので話しが尽きません。帰り寄り道
希望があった屋敷山を往復しスタート地点の浅虫水族館に無事下山した。標高が低い割
りには距離もあり、展望が開けて気に入っている山です。出会った方は三人だけでした。
Dsc08428
緩いアップダウンを繰り返します

Dsc08430
前日のトレースがありました

Dsc08433
気持ちのよい尾根筋を登ります

Dsc08435
2時間半の行程で山頂到着です

Dsc08436
全員集合!ここにポートラックを設営してランチタイムです

2019年1月27日 (日)

今冬高田大岳2回目の登頂

昨日今冬高田大岳2回目の登頂。朝方高曇りながらも八甲田全山見えていましたが、昼近
くから雪混じりとなり視界も利かなくなりました。先行者のトレースはスプリットボードのよう
で直登ぎみに付けられていて後続はシールが利きません。でも有難く使わせていただきま
した。途中平川市のK川さんに追い抜かれましたが、視界のない山頂に無事到着。下りは
1300m付近まで慎重に滑り、それ以降は視界も利き存分に最高のパウダーを楽しみ、谷
地温泉に滑り込みました。
Dsc08416
朝方は山頂まで見えていました

Dsc08418
1270m付近からの後続のK川さん

Dsc08420
1300m付近のK川さん、アウターを着用しました

Dsc08422
視界のない山頂での証拠写真

Dsc08423_2
シュプールが見えるかな?

Dsc08424
谷地温泉は雪に埋もれています、1/27(日)は山水会の山行で浅虫・高森山です。

2019年1月23日 (水)

まだ雪が少ない階上岳

昨日山トレで階上岳へ。午後から八戸日赤病院でMRIの検査があるので午前中の登山で
す。両腕の感覚が無くなったことからの検査です。自宅周辺は一昨日吹雪模様で積雪が
あったので階上岳も積もったことを期待して出掛けたが、鳥谷部登山口は多賀台よりも少
なくガッカリでした。降雪が無かったので登山道はツルツル状態でアイゼン必携です。今春購
入してまだ使ってないモンベルの12本爪アイゼンのテストも兼ねています。モンベルのアイ
ゼンはカジタ(ピッケル・アイゼン等の製造メーカー)が造っているので安心です。ほとんど
の方はスパイク長靴が多く軽い感じで登ってますが、私は革の重登山靴に12本爪アイゼ
ンなので足元は重く、また大袈裟な装備なので少し気が引ける気持ちです。早い時間に
登ったので下りは平日でも沢山の登山者とすれ違います。やはり南部の山は晴れ間もあ
り雪も少なく、冬場の山登りが出来るので貴重です。津軽・下北の皆さん是非お出でくださ
い。
Dsc08413
片方のアイゼン+革靴重量は約1.6kgでした

Dsc08385
最初の杉林は登山道の土が見えています

Dsc08386
アイゼンテストの為、急登がある赤コースを登ります

Dsc08389
鳩岳が望める付近です

Dsc08391
山頂の鳥居が見えて来ました

Dsc08398
今年初めての山頂です

Dsc08394
霧氷が青空に映えます

Dsc08406
沢山の方々が登って来ます

Dsc08408_2
第三駐車場もこのとおり車で一杯です。皆さん熱心です。今度の日曜日1/27は山水会の
山行でスノーシュー・ワカンで浅虫・高森山です。

2019年1月18日 (金)

寒かった久慈平岳

1/17(木)十和田山岳会の皆さんと久慈平岳に登って来ました。冬型の天気でしたが太平
洋側なので青空も見えていました。それでも結構寒く指先がジンジンし低山ながらもやはり
冬山です。降雪がずっと無かったようで堅雪の箇所もあったりで、アイゼン歩行やスノー
シュー・ワカンでの歩きも楽しみました。
Dsc08311
アグリパークから表面が氷の舗装道路を歩きます。帰りに何人も転びました!!

Dsc08312
登山道は途中林道と交差します。ここからアイゼン装着して思案坂に挑みます。

Dsc08313
林道からの登山道入口です。

Dsc08314
思案坂を登り切りトラバース道で雪が深くなったので、アイゼンからスノーシュー・ワカンに切替です。

Dsc08323
北西尾根は冷たい北風が吹き込んでます。

Dsc08315
尾根上には急な岩混じりの箇所もあり、ワカンでの登り苦労しています。

Dsc08319
そして頂上直下です。雲が取れた階上岳が望めます。

Dsc08322
山頂ですが地形図の標高と違いがあります??
簡易テントを設営し昼食を食べ、帰りはずっとアイゼン装着で登山口まで。舗装道路私も
転びました。山より緊張しましたが怪我なく無事アグリパーク到着しました。皆さんお疲れ
さまでした。

«八戸山水会新年山行