2018年12月10日 (月)

ラッセル訓練で終わった雛岳

昨日八戸が晴れていたので雛岳に向かった。谷地温泉近くまで来たら雪模様の天気であ
まり良くない。箒場に着いたら仲間の車が1台、その後もう1台到着して8名のメンバーが
揃った。新雪が深く膝上のラッセルとなった。8人で交代しながら登ったが800m付近でタイ
ムアウト!!深雪の滑りを期待したが余りに雪が深すぎて滑らず、結局登りのトレースを
滑りゴールした。ラッセル訓練で終わった1日でした。
Rimg0065
汗をかかない程度にラッセルを交代しながら進みます

Rimg0066
ブッシュも雪に埋もれ、滑りを期待しながら頑張ります

Rimg0069
膝上のラッセルでスキーのトップも上がりづらいです

Rimg0072
厳冬期でもあまり経験できない深いラッセルをする女子隊員、お疲れさまでしたよい訓練
になりました。私は今回初滑りでしたが他のメンバーは2回目でした。山水会の会山行は
12/23同じ雛岳で雪崩対策講習も含めて行います

2018年12月 7日 (金)

富士山を眺める山

12/3~12/6十和田山岳会50周年記念登山・第2弾で高尾山・三ツ峠山・金時山を登って来
た。総勢16名で「大人の休日キップ」を使って、富士山を眺める山旅です。出発前の週間
天気予報では雨模様の天気で終日雨具を着け、富士山は見えないだろうと諦めモードで
した。しかし予想に反し雨に当たらず、富士山も高尾山と三ツ峠山から眺めることが出来、
皆さん大満足の様子でした。体調不良や怪我人も無く無事記念登山は終了した。お疲れ
さまでした。
Dsc08133
12/3 高尾山のケーブルカー、日本一の急勾配です

Dsc08118
観光の目玉、薬王院付近は外国人で一杯

Dsc08120
天狗様もいる薬王院、神社と寺が混在

Dsc08119
山頂から富士山が見えていました

Dsc08128
メンバー勢揃い

Dsc08140
12/4 朝から良い天気、河口湖からの富士山です

Dsc08141
三ツ峠山登山口手前からの富士山

Dsc08145
最初は緩いジープ道を進みます

Dsc08147
段々と急になって道を山頂山小屋のジープが全輪にチェーンを巻き、喘ぎながら登って行
きます。走った後は路面が泥々となります。

Dsc08149_2
山頂近くになると笹原が開けてきます

Dsc08162
山頂で横断幕を広げて記念撮影。朝移動中の電車で偶然出会った、黒石山岳会のWさん
と山頂でまたお会いでき、何回もシャッターを押してもらいました。ありがとうございました

Dsc08170
12/5 金時山の乙女峠での十和田の乙女達

Dsc08174
乙女峠から芦ノ湖や箱根・大涌谷が望めます

Dsc08175
結構アップダウンがあり、大汗をかいた登りとなった

Dsc08183
最後の金時山も全員無事登頂、お疲れさまでした。この晩の打上げは勿論盛り上がりました。

2018年11月27日 (火)

冬らしくなった八甲田

昨日は午後から天気が良くなる予報だったので、遅い出発で八甲田に向かった。酸ケ湯
からはスキーのトレースがあったがスノーシューで登る。地獄湯ノ沢まで来たら青空も見え
始め、天気予報どおりとなってきた。仙人岱ヒュッテに寄らず直接小岳を目指す。今日のト
レースは途中から右寄りに付けられて、少し遠回りになっている。山頂からは時々高田大
岳も見え隠れしていたが、八甲田大岳は雲の中。風もあり早々に仙人岱ヒュッテに向けて
下山する。硫黄岳には4人の人影が見える。マンデーチームの方々が滑るようです。すで
に小屋下の斜面にはシュプールが確認できます。小屋でのんびりし、マンデーチームと前
後しながら酸ケ湯に下山した。久し振りに冬らしい八甲田を楽しんだ1日でした。
_igp7597
火山性ガスで立ち枯れが目立ってきた枯木平

_igp7599
南八甲田の山並みは雲の中

_igp7601
硫黄岳の上に青空が見え始めました

_igp7604
横岳が望めます

_igp7613
地獄湯ノ沢源頭付近

_igp7615
仙人岱付近からの小岳

_igp7617
小岳の雲が取れました

_igp7621
樹氷が出来始めてます

_igp7629
小岳山頂からの硫黄岳

_igp7632
高田大岳もクッキリと見えてます

_igp7644
仙人岱からの小岳南斜面

_igp7646
地獄湯ノ沢のマンデーチームの皆さん

_igp7648
岩混じりの斜面を慎重に滑ります

_igp7652
酸ケ湯駐車場から晴れ渡った硫黄岳を望む。田代平経由なので時間が掛かるが来て良
かった!!

2018年11月19日 (月)

慌ただしい週末でした!!

慌ただしい週末でした。16日夜盛岡で日本山岳ガイド協会主催の公開講座があり、国際
山岳医の中島さんによる「登山中の外傷と処置について」と国際山岳ガイドの佐々木大輔
さんによる「大自然に学んだこと世界の山々を滑るデナリまで」の講演を聴講いたしまし
た。17日午前中は実技講座で雫石町にある男助山へ同行し、天気が回復した午後からは
山水会の仲間と兜明神岳へ。そして兜山荘で泊りの宴会!!18日は朝から良い天気、兜
山荘から岩神山を往復し、午後から12/16に登る岩手町の空雲山の下見をして来ました。
46320623_1052996001528846_533685352
16日の「百万人の山と自然」公開講座での佐々木大輔さん

Rimg0009
17日の実技講座会場は登山道が新設された女助山と男助山で行われました。
これはケッパレランドからの男助山です。

Rimg0010
私は男助山の実技講座に同行しました

Rimg0012
途中からの御所湖側展望です。

Rimg0014
急登もあります

Rimg0018
山頂下の北コース分岐です。私は兜明神岳へ行く予定がありここから下山

Rimg0020
皆さんに見送られて下山を急ぎます

Rimg0056
午後から仲間と合流し兜明神岳へ

Rimg0023
兜明神岳は岩峰で岩登りして登頂

Rimg0025
明日登る岩神山を望みます。眼下には兜山荘が見えます

Rimg0027
早池峰山が間近に望め、360度の大展望です

Rimg0028
狭い山頂では写真撮影も大変です

Rimg0037
のんびりと小屋に戻ります。ここは昔スキー場でした

Rimg0040
薪ストーブがある快適な小屋で宴会突入です

Rimg0038
コマイを焼いたりピザを焼いたり、そしてメインは白神産のナメコ汁です

Rimg0042
18日岩神山に登ります。冷え込み霜柱が立っています

Rimg0047
岩神山山頂からは雪の被った岩手山がハッキリと望めます

Rimg0061
午後から空雲山に登りました。誰も来てませんでした。

Rimg0064
姫神山と岩手山の展望が素晴らしいです。雪の訪れが遅くなってますが、来月はラッセル
を期待したいものです。

2018年11月12日 (月)

雪が消えた八甲田

昨日十和田山岳会の皆さんと初冬の八甲田大岳へ。残念ながら先週の雪はすっかり消え
て山頂付近に少し残るだけ!!それでも冷たい風と霧氷が初冬の雰囲気を演出してくれ
ました。雪が無いので子供3人を連れたグループが、疲れた子供をおんぶしながら冷たい
風が吹く、吹き曝しの斜面を登って来たのにはさすがにビックリangry天候の不安定な今の時
期、下手すると遭難騒ぎにもなるかも!!
Dsc08071
酸ケ湯駐車場でのメンバー8人、81歳のS会長も

Dsc08073
地獄湯ノ沢源頭付近、風が冷たいです

Dsc08075
仙人岱は全然雪がありません、小岳は山頂部霧氷で白くなっています

Dsc08091
仙人岱上部の池は氷結していません

Dsc08076
草紅葉も白いお化粧をしています

Dsc08077
大岳の森林限界を超えると10m位の冷たい風が吹き体がよろけます

Dsc08078
山頂直下は霧氷で真っ白です

Dsc08079
先週斜面が白かった硫黄岳は青々しています

Dsc08082
山頂トウチャコ、お疲れさまです

Dsc08087
井戸岳・赤倉岳もぼんやりと見えています

Dsc08088
皆さん頑張りました。来月は岩手の空雲山ですよ!!

2018年11月 8日 (木)

仙人岱ヒュッテに荷上げ

11/3(土)前日まで八甲田は積雪の為、谷地~酸ケ湯は通行止めでした。青空のもと仙人
岱ヒュッテに年越し山行向けの荷上げをして来ました。雪は足首程度ですがトレースがあ
り、気温は高めで緩い感じです。灯油・缶ビール等で久し振りの重荷と、雪があるというこ
とで革製の重たい冬靴にしたので可なりのアルバイト!!帰りは登山道の雪が解けてぐ
しょぐしょ状態。ローカットの靴でスパッツ無しの登山者が結構いたので、水没して難儀し
たことでしょうbearing
_igp7577
酸ケ湯からの八甲田大岳

_igp7578
南八甲田展望所からの櫛ケ峯

_igp7580
久し振りの雪なので荷は重いが気持ちは軽やか!!

_igp7581
地獄湯ノ沢

_igp7582
真っ青な空と登山者

_igp7584
仙人岱からの小岳

_igp7592
仙人岱上部の池はまだ埋まってません

_igp7586
硫黄岳は滑れそう!!

_igp7588
山頂間近雲の流れが速いです

45302317_1045054255656354_255554755
ロープに付いていたエビの尻尾は取れています

45292106_1045054305656349_560389607
帰りの登山道、雪が融け靴が水没する状態です!!
これでも午後2時以降も日帰り装備で登って来る人が何人もいました。日没が早いので慎
重に行動してほしいものです。

2018年11月 2日 (金)

階上岳で初めてブナを確認

11/1(木)階上岳にブナの大木があることを家内から聞いたので、行ってみることにした。
普段歩く道とは違うので今まで分からなかった。放牧場奥に昔からあった古い山小屋の近
くにそのブナ林があった。確かにブナの大木があり感動ものでした。途中雨に降られまし
たが、秋深い里山を約4時間彷徨して来ました。
_igp7542
陽が差し込んだ落ち葉の道

_igp7544
つつじの森キャンプ場からはっきりと太平洋が望めます

_igp7546
初めて立ち寄ったキャンプ場、なかなか雰囲気がいいです

_igp7552
お日様に映える紅葉

_igp75611
階上岳では珍しいブナ

_igp75601
結構迫力があります

_igp7563
明るい林間です

_igp7565
所々まだ鮮やかさが残っています

_igp7574
肌寒い山頂でした。八甲田も白くなって来ていよいよスノーシーズン到来です

«晩秋の戸来岳