2024年5月13日 (月)

鳥海山で板納め

5/11~5/12 鳥海山で板納めをして来ました。山水会のメンバー12名参加で11日は猿倉口から七ツ釜避難小屋付近まで足慣らし。そして祓川ヒュッテに宿泊しお天気祭りを盛大に!! 12日6時出発したが晴れてはいるが風が強く体が煽られる。何とか七ツ釜避難小屋まで登り待機とした。上はもっと強いだろうと断念し滑走体制へ。なぜか少し弱まって来たようだが、後ろ髪を引かれながら下山した。また来年来よう🆗⤴
Dsc00861
5/11  猿倉口から入山

Dsc00862
途中ブッシュに入ることも

Dsc00864
七ツ釜避難小屋付近から滑り込み途中

5ea941e1078a4c078e89ec595de455e0
猿倉口から祓川ヒュッテに移動

2cd276c7dbd4480597cc6877e3e9b31a
盛り上がったお天気祭り

Dsc00867_20240513191401
5/12 七ツ釜避難小屋まで

Dsc00866
強風で諦め祓川に下山

Dsc00869
名残惜しく振り返る

2024年5月 5日 (日)

下北の山2座

昨日5/4下北の山2座、妻と登って来ました。当初吹越烏帽子のみだったのですが、時間が余ったので尻屋岬の桑畑山まで足を延ばしました。吹越烏帽子麓の菜の花と桑畑山のニリンソウは丁度見頃を迎えていました。
Dsc00826
中央奥の吹越烏帽子と菜の花畑

Dsc007981
ツバメオモトも

Dsc00811
山頂手前から

Dsc00815
ガレ場に咲くアズマギク

Dsc00818
ヤマツツジはまだ蕾

Dsc008081
ムラサキヤシオとボンテン山

Dsc00806
吹越烏帽子山頂

Img_0474
午後から桑畑山へ、ここから尾根筋までは急登の連続

Dsc008311
急登後の尾根筋にニリンソウの群落が

Dsc00833
Dsc00833_20240505083801
Dsc008341_20240505083801
シラネアオイもチラホラ

Img_0488
山頂部の草地にはアズマギク

Img_48161
山頂からの釜臥山

Img_4817
猿ヶ森砂丘

Img_4814
そして山頂と尻屋岬

タイム ・吹越烏帽子登山口9:08~山頂10:02/10:22~登山口11:03
    ・桑畑山登山口13:12~山頂14:03/14:28~登山口15:12

2024年4月27日 (土)

静かだった八甲田!!

GW前の昨日4/26、天気が良さそうだったので妻と睡蓮沼から北八甲田へ。車で移動中、黄砂の影響か山は霞んで見えていました。コースは睡蓮沼~仙人岱~大岳~小岳~硫黄岳~睡蓮沼でした。山中ほとんど人影は見られず、ツアーの方々はどこへ行ったのでしょう?
Dsc00920
睡蓮沼上部の雪原。これから滑る大岳(中央)・小岳(右)・硫黄岳(左)

Dsc00922
仙人岱ヒュッテから滑る大岳東斜面

Dsc009261
うねりが無くフラットな斜面

R00385621
外輪まで一気に登ります

R0038568
今シーズン初登頂の妻

Dsc00935
大岳東斜面を滑った後、小岳を目指します

Dsc00937
小岳山頂も雪が残っていません

Dsc00939
小岳の南斜面縦溝が無く良好

R0038580
小岳を滑り硫黄岳へ。山頂付近は見たことが無い位、亀裂が入っています

R0038585
斜面を直登します

R0038587
大岳をバックに頑張ります

R0038593
そしてフラットで良い斜面でした!

R0038612
帰路、湯ノ台で

タイム 睡蓮沼7:42~仙人岱ヒュッテ9:07/9:23~大岳10:11/10:48~小岳11:33/12:22~硫黄岳13:19/13:50~睡蓮沼14:17

2024年4月24日 (水)

ガスガスの南八甲田

4/23(火)十和田山岳会のメンバー9名でガスガスの中、南八甲田・猿倉岳&乗鞍岳を巡って来ました。山スキー4名、歩き5名で霧雨の睡蓮沼をスタートした。天気予報は晴れマークもあり、段々と良くなる期待をしました。しかし前半少し明るくなり乗鞍岳の山容が一瞬見えたが、終始ガスガス!!コンパス訓練も兼ねた山行となりました。
Dsc00780
歩き組はアイゼン装着して登ります

Dsc00783
少し明るくなりました、晴れるかな?

Dsc00784
またガスって来ました

Dsc00785
猿倉岳山頂で

Dsc00787
ニセ駒手前から乗鞍岳鞍部を目指します

Dsc00789
乗鞍岳山頂で風を避けランチタイム

Dsc00791
乗鞍岳の北東斜面を滑り、裾を巻いてからニセ駒に登り返しです

Dsc00794
パラダイスもこのとおり!!

2024年4月22日 (月)

高田大岳と雛岳を滑る

昨日4/21(日)山水会の仲間16人で箒場~高田・雛鞍部~高田大岳北東斜面1320m地点~雛岳~箒場をトレースして来ました。本コースは貸切状態で程良いザラメ雪にて、大いに滑りを堪能出来ました。鞍部手前で出来立てホヤホヤの熊さんの足跡に出くわしました👀
Photo_20240422090601
距離8.4㎞・累積標高差894mでした

Line_album_r6421_240421_2
雛岳の東側をトラバース中現れた、オブジェ風の根元が枯れたブナ

Line_album_r6421_240421_3
途中3箇所程沢を渡ります

Dsc00754
出来立てホヤホヤの熊さんの足跡

Img_0399
もうすぐ鞍部です

Dsc00757
鞍部から高田北東斜面1350mを目指します

Img_0403
北東斜面を快適に滑り鞍部で昼食

Dsc00769
滑り降りた高田大岳北東斜面を望む

Line_album_r6421_240421_4
斜面にシュプールを落書きしたのが見えています

Dsc00771
雛岳山頂での仲間達、最高齢83歳のMさんは一番元気です

Dsc00773_20240422092201
雛岳山頂直下の急斜面

Dsc00778
そして樹間の広い林間

Line_album_r6421_240421_6
快適に滑り降りた雛岳

2024年4月19日 (金)

今シーズン初登頂・櫛ケ峯

4/18(木)今シーズンまだ登頂していない南八甲田・櫛ケ峯に行って来ました。天気予報は曇り、それでも現地に行ったら晴れて青空も見えています。ただ黄砂の影響か山々が霞んでいます。睡蓮沼駐車帯はガラガラ、天気予報が悪いので酸ケ湯側からの車は9時過ぎで無しでした。櫛ケ峯方面で出会ったのは二人だけのほぼ貸切状態、残念ながら雪質は今一またあっちこっち亀裂だらけ😞
Img_4768
前夜十和田市内にて十和田山岳振興協議会の総会があり十和田泊。早朝の官庁街通りの桜

Img_0373
北八甲田は黄砂で霞んでいます

Img_0376
駒ケ峯北面の湿原地帯

Img_0380
櫛ケ峯の大斜面、まだ沢山雪があります

Img_0381
尾根を目指し直登します

Dsc00714
画像は緩く見えますが急登です

Dsc00719
櫛ケ峯山頂には雪がありません

Img_0384
帰路の駒ケ峯尾根筋は亀裂が一杯

Img_0386
駒ケ峯山頂

Dsc00728
立みぞが目立つ駒ケ峯の斜面を滑り、ニセ駒に登り返しパラダイス経由で睡蓮沼に帰還

 

2024年4月14日 (日)

岩手・花の山

昨日4/13(土)混むことを覚悟して、岩手の花の山に登って来ました。現地に行ったら岩手の山仲間そして青森の山仲間と遭遇、お互いにビックリでした😃台温泉~万寿山~権現山~六郎山~台温泉の周回コース。暑くて大変でしたが丁度花の時期に当たり満足・満足!!
Dsc00674_20240414065901
登山口付近の駐車帯はすでに満車

Imgp4229
何年かぶりの訪問です

Dsc00678
葉っぱが無いので明るい縦走路

Dsc00685
カタクリの群生

Dsc00693
斜面一面のミスミソウ

Imgp4251
ショウジョウバカマ

Imgp4258
イワウチワ

Imgp4255

Imgp4266
カタクリとミスミソウ

Imgp4277
紅白のミスミソウ

Imgp4291
Imgp4309 Imgp4308 Imgp4312 Imgp4322 Imgp4319
キクザキイチゲも

Imgp4318

«滑り最悪の南八甲田